年間40泊以上行っている我が家が、最適なキャンプ用ランタンを紹介します!

スポンサーリンク

今日は社長夫妻が不在で、さらに仕事もなかったからパートさんと2人で遊んでた・・・
仕事したいけど、仕事ないって一番辛いねぇ~( ノД`)シクシク…

明日も社長夫妻は不在だから、暇な1日になりそう。
バリバリ、仕事したいよ~!! そんな本日のちびままデス。(ノω・、)クスン…

前回の続き!ランタン編です。

我が家毎年40泊程度キャンプに行っています。
(今年は抑えめにしてあります)
昨年は41泊でした。
そんな我が家が、あなたにとって最適なランタンを今回ご紹介します!!

キャンプやるなら、絶対必須のランタン。
メインランタンは明るいやつ、サブランタンはちょっと暗めのランタンを用意しましょう。

その理由は、後ほど。

スポンサーリンク

お手軽ランタン

電池式ランタン

キャンプを始めた頃って、大体ブログ検索したりとかして定番物(ある程度値段が安いもの)を買ったりしますよね。

うちの場合もそうで、定番のジェントス777を↓買いました~

その後、単三電池のジェントスも欲しくなったのでこっちも購入↓

ジェントスの777は定番中の定番

でも最近は単一電池を変えるのめんどくさいので、殆ど使用しておらずにお蔵入り状態、、、

逆に431の方が何かと使えるし(インナーテント内にぶら下げたり等)単三電池なので使用頻度が高いです。

でも今だと、こっちが値段安くてオススメ。

それなりに光量ありますので、メインランタンとしても使えます。

USBランタン

USBで充電ができるタイプの物です。

今巷で結構流行っております。

例えば・・・絶対的に人気な、ルーメナー。

実物見たことありますが、相当明るいです。

これ持ってたら、メインランタンとしても十分活躍できます。
あと小さいお子様が居るご家庭だと、ルーメナーの方が危なくないのでオススメです。

ちょっとキャンプ感は薄れるけどニャ・・・
ツッコミネコ
ツッコミネコ

ソーラーランタン

ソラーランタンをお持ちだったら、天気さえ良ければ遊んでいる間に充電できるのでオススメです。
しいて言えば、明るさがサブランタン程度にしかならないのが難点。


ちびまま
ちびまま
お子様に持たせたりしたら、可愛いカモ~♥

本格的な燃料系ランタン

燃料系ランタンと言っても、3種類あります。

・ガスランタン
・ホワイトガソリンランタン
・ケロシンランタン

分かりやすいように、順番にご紹介します。
(今回マイナーなCB缶(カセットガス)は除外しています)

ガスランタン

ガスランタンで有名なものは、コールマンのノーススターになります。
うちも持っていましたが、かなり明るいですよ!!

メリット
・火おこしの必要なし、ガス管はめ込んでスイッチ一つで点火可能。
・キャンプやってる感、満載
・大光量を得られる
・壊れたらコールマンで修理可能

とにかく眩しいぐらい、明るいです。

もちろんデメリットもあります。

デメリット
・ガラスグローブなので、落ちて割れたら危ない
・火器を使うので、小さい子供が居るご家庭は要注意
・マントル(点火部分)の設置が面倒くさい
・OD缶(ガス缶)なので、キャンプ回数行くと燃費が悪い。
年に数回しか行かないご家庭なら、ガスランタンで上等と思います。
でもキャンプはまっちゃったご家庭だと、かなりキャンプ費用を圧迫することになります。

ホワイトガソリンランタン

ホワイトガソリンと言えば、まさにコレです↓

他のワンマントル・ツーマントルもありますが、これが一番手堅いでしょう。

メリット
・こちらもスイッチ一つで点火可能。
・キャンプやってる感、満載
・大光量を得られる
・燃費はぼちぼち良い
・壊れたらコールマンで修理可能

こちらも眩しいぐらい、明るいです。

先ほど同様、もちろんデメリットもあります。

デメリット
・ガラスグローブなので、落ちて割れたら危ない
・火器を使うので、小さい子供が居るご家庭は要注意
・マントル(点火部分)の設置が面倒くさい
・ポンピングが面倒くさい
・お手入れが必須

カセットガスランタンよりも、ちょっとメンテナンスが必要になります。

ケロシンランタン

一番燃料系ランタンで、燃費が安いのはこちらです↓

ちなみに我が家のメインランタンは、ケロシンランタンです。
(年40泊以上キャンプに行っているので、かなりコスパは良いと思います)

ちびまま
ちびまま
私はランタンのあの、シュゴーって音が好き♥
ランタンフェチなんかなぁ?

こんな感じに明るくなりますよ~

メリット
・キャンプやってる感、満載
・大光量を得られる
・燃費はかなり良い
・かなりいじるので、男のギアって感じが堪らない(らしい)

当然とにかく眩しいぐらい、明るいです。
※動画をご覧になる方、目にご注意を。

先ほど同様、もちろんデメリットもあります。

デメリット
・ガラスグローブなので、落ちて割れたら危ない
・火器を使うので、小さい子供が居るご家庭は要注意
・マントル(点火部分)の設置が面倒くさい
・ポンピングが面倒くさい
・お手入れがかなり必須
・輸入品しかないので、コールマンで修理は不可能
ランタン専門店で修理可能)

おそらく個体差にもよりますが、ホワイトガソリンランタンよりもこまめなメンテナンスが必要になります。

メインランタンとサブランタンについて

メインランタンは基本遠くに設置し、サブランタンは近くに置いておきます。

なぜそうしないといけないかというと、虫(蛾等)がメインランタンの方に寄ってくるからです。
そうなると、めっちゃ不快!!
メッシュ式テントなら問題ないかもですが、夏は開放的に過ごしたいですよね~

こんな感じに設置してくださいね↓

うちの場合は、メインランタンとサブランタンが同光量なので、あんまり意味がないですが・・・(´-﹏-`;)

まとめ

テントの次にお金が掛かるのって、ランタンだと思う(*’ㅂ’*)b
貴方のご家庭にとって、一番最適なランタンが見つかると良いね!

それでは楽しいキャンプライフを~(*’ㅂ’*)ノシ

※次回から通知プラグインを変更します。
プッシュ7になるので、またちょいちょいブログを見て登録お願い致します。
(FC2で登録してた人は、そのまま引き継がれると思います。)

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう

スポンサーリンク